第56回理学療法士国家試験 午前 第22問

第56回理学療法士国家試験 午前 第22問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

65 歳以上の要介護者または要支援の認定を受けた人で介護が必要となった原因 の割合(平成28年度国民生活基礎調査)が最も高いのはどれか。

  1. 糖尿病
  2. 認知症
  3. 関節疾患
  4. 骨折・転倒
  5. 高齢による衰弱

 

解答

2

 

解説

厚生労働省平成28年 国民生活基礎調査の概況 P29 表20 要介護度別にみた介護が必要となった主な原因(上位3位)

 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/16.pdf

より

  • 第一位 認知症 18%
  • 第二位 脳血管疾患 16.6%
  • 第三位 高齢による衰弱 13.3%

なので解答は2の認知症になります。

 

これを臨床で活かすには?

データをもとに考えると要支援者の割合で多いのが、関節疾患と転倒。要は活動量が高いので関節などの問題が多くみられます。要支援者が関節疾患や転倒などで活動量が減少すると、要介護となり、認知症が進行すると考えられます。認知症がある方に介護が必要という考え方ではなく、介護が必要な方は活動量が低いので認知症になりやすいと解釈し、要支援、非対象の段階から活動量を維持し予防していくことが必要となります。

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ