脳について 〜感覚情報〜

脳について 〜感覚情報〜

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

前回は低酸素脳症のリハビリについてお伝えしました。今回はまた脳に戻って脳の感覚情報についてお伝えしていきます。

 

脳で感じる感覚情報

感覚情報は大きく分けて5種類

  • 視覚
  • 聴覚
  • 嗅覚
  • 味覚
  • 触覚

に分かれます。

さらに5種類は

物理刺激グループ:視覚、聴覚

化学刺激グループ:嗅覚、味覚

表在&深部感覚グループ:触覚

に分かれます。それぞれ固有の受容器からいくつかの中継核をへて、視床を通り、一次感覚野に到達します。

なので視床が障害されると様々な感覚障害が出現します。

 

感覚情報の符号化

受容器から入ってくる感覚情報は電気刺激でしかありません。その電気刺激の頻度や強度、質などからどんな種類の刺激かを符号化します。符号化された情報が一次感覚野に入り、脳が知覚すると「刺激された」と感じます。

実際に刺激されているのは受容器ですが、脳が知覚して初めて受容した部分が「刺激された」と感じます。脳が知覚しなければ受容器に刺激が入っても「刺激された」とは感じませんし、受容器が刺激されていなくても脳が「刺激された」と知覚すると受容器が刺激されたと誤認してしまいます。

これが慢性疼痛のメカニズムにも関連します。

まとめ

脳について 〜感覚情報〜

  1. 感覚情報は大きく分けて視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚に分かれる
  2. 受容器からの情報が視床を通り、一次感覚野に到達する
  3. 感覚情報を符号化し、脳が知覚したら「刺激が入った」と認識する

詳しくはリハコヤでLIVE配信します!!

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2023.2.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】
2023.2.19(日)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2023.3.18(土)【苦手な方限定】評価・アプローチのための触診セミナー基礎 【体幹編】
2023.3.19(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【起居動作・移動動作・食事操作編】
2023.4.16(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【食事操作・上衣訓練編】
2023.4.16(日)【初学者向け】脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2023.5.21(日)【OT限定】OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2023年 1/14,15 2/4,5 3/4,5(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】(土日) 2023年 4月1,2日 5月6,7日 6月3,4日(土日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り10名

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2023年 1/11,15 2/1,5 3/1,5 (水日)【触診が苦手な方限定】第25期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2023年 3/29,4/2 4/26,5/7 5/31,6/4(水日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り4名

オンラインコンテンツ

2023.2.17(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ