OTが解説!! 苦手意識がなくなる歩行の4つのポイント パート② 歩行に影響する要素について

OTが解説!!苦手意識がなくなる歩行の4つのポイント ~パート② 歩行に影響する要素について ~

こんにちは。OTの保田です。

前回は「歩行の前提条件」をお伝えしました。

 

前回の内容をまとめると…

1.人によって歩き方は異なるが、効率よく歩ける条件や機能はある

2.歩きたい!歩こう!と思う、意欲は必須な条件

3.歩いた先の「したいこと」「出来る様になりたいこと」など、目的を見つけていく

です。詳しくはこちら↓
OTが解説!! 苦手意識がなくなる歩行の4つのポイント  ~パート① 歩行の前提条件~

今回のパート②では、歩行に影響する要素についてお伝えさせて頂きます。

 

 

◉歩行に影響する要素

前回の「歩行の前提条件」と合わせて知って頂きたいのが「歩行に影響する要素」です。

私達もその時の環境や状況によって、歩き方は変化しています。

 

【歩行に影響する要素】

・年齢や性別(小さい子ははペタペタ歩く)

・身長や体重、体格

・路面の状態(砂浜など柔らかい場所、アスファルトなどの硬い場所など)

・履物の種類(サンダル、スニーカーなど)

・生活状況(肉体労働、デスクワークなど)

・生活環境(安心できる家の中、人込みなど)

・その時の精神状態と気分(イライラ、楽しいなど)

・着用している衣類(スカート、ジーンズ)

・歩く時の目的と課題(ウィンドウショッピング、遅刻しそうな時など)   

 

など、これらの要素も歩行に大きく影響します。

 

自分自身に置き換えて、想像してみてください

 

例えば…

・朝起きて部屋着でリラックス出来る自宅内を歩いている時と、仕事へ行く為に着替えて外を歩いている時  

 

どうでしょうか? それぞれ環境や状況によって、歩き方って変わっていますよね?

 

もちろん身体機能面を見ていくことは必要ですが、こういった身体機能面以外の要素も、歩行に影響するということは、知っておく必要があるかと思います!!

 

 

◉人それぞれ歩き方は違う

色々な健常の方を観察していても、多くの人がいわゆる「正常」と呼ばれる歩行とは少し違った歩き方をしています。

これはさっきお伝えした通り、個々人によって、またその時の置かれている環境や状況によっても、歩き方は変化するからです。

 

 ICF(国際生活機能分類)に置き換えると、この要素の部分は

背景因子(個人因子・環境因子)にあたりますね!

 

この部分の評価は、私達OTが得意とする分野かと思います。

今後も個人因子・環境因子の評価は、忘れずにやっていきましょう。

 

逆に安全に歩きやすいような設定に変えて、歩行が安定するのであれば、身体機能面への介入の前に、環境設定をした方が、ご利用者様・患者様は安心して生活出来ると思います!

環境設定も重要になってきます。ここはOTの腕の見せ所ですね!!

 

◉歩行は様々な影響を考慮する必要がある

歩行は筋力や関節などの身体機能面以外の影響も、大きく影響するということはお伝えしました。

ただし、個人因子・環境因子の部分だけ評価・設定が出来ていても、やっぱり身体機能面の部分の評価・介入も出来ないと、歩行が安定しない方もいることも事実です。

 

歩行も色々な視点から、総合的に評価・介入していかなければいけません。

 

その為、PTさんが得意とする、身体機能面の勉強も必要です。

次回からは、この「身体機能面について」をお伝えさせて頂きます。

一緒に勉強をしていきましょう~!

 

◉まとめ

今回のポイントを3つにまとめると…

  1. 歩行に影響する要素を知る必要がある
  2. 個々人で歩き方は変化する。個人因子・環境因子の評価も忘れずに!
  3. 歩行動作は色々な影響を受ける為、総合的に評価・介入していく必要がある

 

です。参考にしてください!

 

次回は…

「歩行周期について」をお伝えします!

OTで歩行分析ができないと悩んでいる方には、、、
>>>【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2023.2.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】
2023.2.19(日)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2023.3.18(土)【苦手な方限定】評価・アプローチのための触診セミナー基礎 【体幹編】
2023.3.19(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【起居動作・移動動作・食事操作編】
2023.4.16(日)OT限定】楽しく学ぶADL訓練の目的と具体的介入法【食事操作・上衣訓練編】
2023.4.16(日)【初学者向け】脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2023.5.21(日)【OT限定】OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2023年 1/14,15 2/4,5 3/4,5(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】(土日) 2023年 4月1,2日 5月6,7日 6月3,4日(土日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り10名

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2023年 1/11,15 2/1,5 3/1,5 (水日)【触診が苦手な方限定】第25期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2023年 3/29,4/2 4/26,5/7 5/31,6/4(水日)【触診が苦手な方限定】第26期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り4名

オンラインコンテンツ

2023.2.17(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ