麻痺側への荷重についてfrom リハコヤ

麻痺側への荷重についてfrom リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

 

今回は麻痺側への荷重についてお伝えします。

 

みなさんは麻痺側への荷重はどのように促していますか?

 

 

麻痺側への荷重を促す際のポイントは?

 

麻痺側への荷重練習では、視覚でのフィードバックが有効であるとも言われています。

 

立位での麻痺側の荷重を促す際、注目していただきたいポイントは股関節内転筋です。

股関節内転筋が働くことで立位時の麻痺側にしっかりと荷重をかけることができます。

 

内転筋の筋力はどうか、内転筋をしっかりとはたらかせることができるのかなど、確認してみてください。

実際の介入では、内転筋を触診しながら荷重練習を行うことで内転筋を意識してもらうことも私がよく用いる方法です。是非試してみてください。

 

 

歩行時に麻痺側に荷重がかからない場合は?

 

このように介入をしていても、歩行時に麻痺側への荷重が上手くかからず、麻痺側の立脚相が短くなってしまう場合があります。

そのような場合、私は麻痺側が内側になるような向きで円を描くように歩いてもらうという練習をおこなっていました。実際に自分の身体で試してみるとわかりやすいのですが、この方法では内側になる下肢(麻痺側)に荷重をかけなければ円を描くことはできません。

 

是非臨床で試してみてください。

 

 

まとめ

 

麻痺側への荷重について

1. 麻痺側への荷重練習では視覚でのフィードバックが有効である場合がある。

2. 麻痺側の内転筋がはたらいているか、立位での麻痺側への荷重ができるかどうか評価する。

3.内転筋を促通し、立位での荷重を促し、麻痺側が内側になるような向きで円を描くように歩く練習をすることで、段階的に麻痺側への荷重を促すことができる。

 

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2024.4.20(土)評価・触診からアプローチまで! 苦手な療法士のための動作分析実践講座
2024.5.18(土)【OT限定】苦手意識がなくなる!! OTのための、やさしい歩行セミナー

【ADLで悩んだらこれ!】2024.5/19(日)【ADL訓練が苦手な方限定】対象者に合わせた効果的なADL訓練のための考え方・実践法【下衣・トイレ動作編】
2024.6.15(土)ROMexを効率的に行うための触診セミナー【下肢編】
【ADLで悩んだらこれ!】2024.6/16(日)【ADL訓練が苦手な方限定】対象者に合わせた効果的なADL訓練のための考え方・実践法【上衣・自助具作成編】
2024.7.20(土)評価・触診からアプローチまで! 苦手な療法士のための動作分析実践講座
2024.7.21(日)【臨床力アップ!】苦手な療法士のための腰部脊柱疾患の評価とアプローチ法
2024.8.18(日)慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠をもとにした末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~1DAY濃縮版
2024.8.18(日)トイレ動作の動作分析から情報共有までの流れを学ぶ

【迷ったらこれ!】第31期 2024. 7/6,7 8/3,4 9/7,8(土日)【触診が苦手な方限定】第31期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り20名
【慢性疼痛にはこれ!】2024.4/21 5/19 6/16(日)慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠に基づく末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~BASICコース

平日開催

【迷ったらこれ!】第31期 2024. 7/3,7 7/28,8/4 9/4,8(水日)【触診が苦手な方限定】第31期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2024.5.17(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ