【 現代社会と棘下筋の関係 】

こんにちは

療法士活性化委員会実行委員長の大塚です。

 

みなさんは一日にPCをどのくらい触りますか?

レポートを作成したり、ネットサーフィンしたり

休みの日には何時間もPCの前いることも多いのではないでしょうか?…

 

その時の姿勢を思い出してみてください

注目してもらいたいのは肩関節の位置

PCの作業をするときはほぼ脇を占めていると思います

 

その時の肩甲上腕関節は肩甲骨面に対してやや外旋位になっています。

ここでの注意点は肩甲骨面に対してです。

マウスを使用する際はさらに外旋位になります。

 

そしてPCの作業というのは中枢部を固定して末梢部を稼働させることが多いので肩関節の固定が必要になります。

 

肩関節の固定と言えばローテ―カフですよね?

さらにその中で肩関節外旋位で短縮している筋はどれでしょう?

そうですここで棘下筋が出てきます。

 

PC作業中は棘下筋が短縮意のまま固定の為の収縮をしているのでかなり筋疲労しています。

棘下筋が機能不全になると

本来の肩関節の安定性に対する機能が発揮できなくなり、

肩関節が動きにくい状態になってしまします。

肩の動きが悪い方に棘下筋をリリースしてみてください。 きっと喜ばれますよ。

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。