『ROMを測定する目的は?』

みなさんこんにちは

療法士活性化委員会の大塚です。

 

皆さんは何を目的にROM測定をしていますか?

僕は数字で表す客観的な評価として測定していました。

でも実はこれだけだと大事な部分が抜けてるんですよね。

ROMを測定する目的は大きく2つあると僕は思います。

  1. 記録
  2. 原因の特定

 

原因が特定できるとアプローチ方法も決定することができます。

その結果を記録して患者様、他の療法士等と共有できると

なんかいい感じになると思いませんか?

 

皆さんは何を目的にROMを測定しますか?

 

療法士活性化委員会

委員長 大塚 久

 

追伸

基本的なことができている方が信頼関係が構築できるのは間違いないです。療法士の基本をもう一度学んでみませんか?

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーベーシックコース」

 

追伸2

基本ができたら次は応用編。

療法士の基本の触診ができたら今度は評価・促通して生活に常げるための応用方法を学びましょう。

受講料が割引になるAdvanceコース開催記念キャンペーンは4月末まで

リハ室だけでなく生活に繋げるためのadvanceコースはこちら

>>>Advanceコース

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

療法士活性化委員会

代表 大塚 久

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebookhttps://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitterhttps://twitter.com/ryokatsu0518

line@友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です