【 現代社会と姿勢の関係 】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

療法士活性化委員会

http://tohwaseminar.jimdo.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさんがPCやスマホを操作するときは大体座っていることが多いと思います。
その時の股関節はどの姿位にあるかというと、屈曲位(曲がった姿勢)になっています。

股関節が屈曲位にあると股関節を屈曲する筋である大腰筋が短縮位になります。
短時間この姿勢をとる分には問題はありません。
しかし長時間に及ぶと徐々に大腰筋が短縮し本来の機能が発揮できなくなります。

大腰筋は第12腰椎から大腿骨の小転子に付着しており、脊柱・骨盤・股関節に影響します。
さてこの3つの中心に位置するものは何でしょう?
そう「重心」ですね。

大腰筋が機能不全になるという事は重心のコントロールができなくなります。

座っている姿勢が多くなっている方に大腰筋へのアプローチや股関節のアプローチを行ってみてください。

重心のコントロールが可能になり、安定性の向し、歩行や立位、坐位でのふらつきが軽減することで活動の範囲が広がりよろこばれますよ。

療法士活性化委員会 代表 大塚 久

TEL:090-9380-5313

Mail:lts-info@lts-seminar.jp

*************************

療法士活性化委員会セミナー情報

筋の触診セミナー臨床編 11月29日(日)、12月26日(土) 9:30~16:30 ウィリング横浜

http://tohwaseminar.jimdo.com/syokushinkinhon/

骨の触診セミナー臨床編 11月28日(土)、12月27日(日) 9:30~16:30 ウィリング横浜

http://tohwaseminar.jimdo.com/syokushinkotsuhon/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

Copyright©2015   療法士活性化委員会   Allrights reserved

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。