『end feelに合わせたアプローチの方法』

みなさんこんにちは

療法士活性化委員会の大塚です。

 

みなさんROM測定をして制限を見つけたらアプローチをしますよね?

どのend feelにどういったアプローチを行っていますか?

評価があっていても適切なアプローチでないと結果は出ません。

 

  1. 評価したend feelに対して適切なアプローチを行う
  2. 変化がなければ筋の問題を考える
  3. 筋は筋力低下なのか筋力の不全なのか?

     

     

評価とアプローチは仮説と検証です。

変化が出ないのは評価が「間違っている」のではなく

「その部位は問題なかった」という事です。

 

仮説と検証を繰り返して

本当の原因を見つけてみてください。

 

療法士活性化委員会

委員長 大塚 久

 

追伸

基本的なことができている方が信頼関係が構築できるのは間違いないです。療法士の基本をもう一度学んでみませんか?

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーベーシックコース」

 

追伸2

基本ができたら次は応用編。

療法士の基本の触診ができたら今度は評価・促通して生活に常げるための応用方法を学びましょう。

リハ室だけでなく生活に繋げるためのadvanceコースはこちら

>>>Advanceコース

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

療法士活性化委員会

代表 大塚 久

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebookhttps://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitterhttps://twitter.com/ryokatsu0518

line@友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。