『骨盤の前傾・後傾の評価の基準とアライメントの関係』

骨盤の前傾・後傾の評価の基準とアライメントの関係

みなさんこんにちは、療活の大塚です。
療法士活性化委員会 大塚

療活してる?

よく臨床で「骨盤が後傾しているから〜」とか「骨盤の動揺が〜」とか言いますが、正直骨盤の前傾・後傾のアライメントってどこで評価していますか?
僕は新人の頃「なんとなく」で評価していました^^;

「なんとなく」では客観的な評価にならず、再現性も0なのでちゃんと基準を作ってみたいと思います。


まず骨盤の前後傾中間位はどこか?


客観的な評価とするためにはまず基準を知りましょう。

整形外科理学療法の理論と技術では

【上前腸骨棘より上後腸骨棘が2~3横指高いものを基準とする。】

とされています。

整形外科理学療法の理論と技術

これを基準とすると、

  • 2横指以下→骨盤後傾位
  • 3横指以上→骨盤前傾位

となります。


骨盤が後傾位になるとアライメントはどうなる?


骨盤の後傾を関節の構造と運動学的に見ると

  • 股関節:外転・外旋位
  • 膝関節:屈曲位
  • 足部:背屈・内返し

となります。


骨盤が前傾位になるとアライメントはどうなる?


骨盤の前傾を関節の構造と運動学的に見ると

  • 股関節:内転・内旋位
  • 膝関節:過伸展位
  • 足部:底屈・外返し

となります。


骨盤の前傾・後傾に必要な関節は?


骨盤の動きに必要な関節は大きく分けて3つ

  1. 腰椎
  2. 仙腸関節
  3. 股関節

です。


骨盤の前傾・後傾をコントロールしている筋は?


骨盤の前傾・後傾をコントロールしているのは

  1. 大腰筋
  2. 多裂筋

骨盤をコントロールする筋、大腰筋、多裂筋です。


例えば立ち上がりの時の骨盤を評価するなら、、、


立ち上がりを効率的に行うには座面から足部へのスムーズな重心移動が必要です。そのために骨盤の前傾が鍵になってきます。骨盤の前傾に着目して動作を分析していきます。

1、立ち上がり動作ができるかどうかの動作分析

見るポイントは骨盤の前傾がスムーズにできているかどうか?

スムーズにできる場合

問題なし

スムーズでない場合

  1. 腰椎・仙腸関節・股関節の関節可動域(ROM)の評価
  2. 大腰筋・多裂筋の筋力(MMT)の評価
  3. 骨盤前傾の運動学習の評価

をしてみましょう。


可動域や筋力・運動学習に問題点が見つかったらアプローチ


問題点に対して適切なアプローチをしていきます。
アプローチ法はこちらで動画を公開中>>>リハコヤ


まとめ


  1. 骨盤前傾・後傾中間位の基準はPSISがASISの2〜3横指上
  2. 骨盤前傾・後傾に必要な機能は腰椎・仙腸関節・股関節の可動域と大腰筋・多裂筋のコントロール
  3. 動作分析から問題点を抽出し、評価、適切なアプローチをする

です!
骨盤を見るときに困ったら一度参考にしてみてください^^

療活では週一回無料でお役立ち情報を配信しています登録はこちら>>>療活通信
*登録特典もあるよ^^

【療活講習会一覧】

”信頼される療法士になるための土台を楽しく作る”>>>臨床の教科書


このブログの感想をレターでいただけますか?
応援・批判どちらも受け付けています。

>>>大塚久のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です