異常歩行の原因 ~膝関節に着目して~

みなさん、こんにちは!
整形外科クリニック勤務の林です。

皆さんは膝の機能障害に対してどの様に評価、介入していますか?
膝のROM、MMTなどを評価してマッサージやストレッチ、筋トレを行っていると思います。

膝の機能障害では主に問題となるのは「歩行障害」に対してかと思います。
ただ、いざリハビリしていくと
・膝が過伸展、反張膝してしまう
・膝が崩れ、膝折れをしてしまう
・膝が動揺してしまう
など色々な現象がみられます。

今回は膝関節、膝周囲筋に着目した評価、介入をご紹介していきます。
皆さんで膝の機能障害の患者さん、利用者さんの状態を少しでも良くしていきましょう!!

<目次>
1、正常歩行の膝可動域について
2、正常歩行の膝筋力について
3、異常歩行の膝状態について

 

1、正常歩行の膝可動域について

まず正常歩行での膝ROMですが、参考書によると
屈曲0~60°なっています。
意外と少ないな!というのが僕の正直な印象でした。
なので膝の機能障害があり歩行に異常がある場合はこの可動域に改善すればいいってことになりますね。

ちなみに膝を構成する関節は膝蓋大腿関節、脛骨大腿関節によって構成されています。
ゴニオメーターでの参考可動域と比較など行うためにも
構成する骨、関節形状、軸・動きを確認するとリハビリを行うときに改善しやすいと思います。

2、正常歩行の膝筋力について

筋力に関しては、
ハムストリングスと大腿四頭筋が活躍します。
周期は立脚初期~荷重応答期(Inicial Contact~Loading Response)に働きます。
歩行は重力に抗する動きなのでMMTでは3または4あれば十分になります。

MMTの参考書に基づいて膝伸展(大腿四頭筋)、膝屈曲(ハムストリングス)を評価するために、
筋の起始・停止、走行、作用を確認しておくとリハビリがスムーズに行いやすいです。

3、異常歩行の膝状態について

反張膝、膝折れ、膝動揺の原因を膝に着目して考えると、
関節可動域:0~60°
筋力:MMT3~4
あれば膝の状態は良好だと考えられます。
この状態になっても反張膝、膝折れ、膝動揺がある場合は隣接関節である
股関節、足関節の可動域や筋力の機能障害があると思われます。
まずは膝の状態を評価、アプローチして現状を把握していきましょう。

<評価、アプローチ方法>

詳しい病態の整理、評価とアプローチ方法はこちらで確認していきませんか?
>>>【1単位20分で変化を出す】膝疾患に対する評価とアプローチ法<<<

療法士活性化委員会
認定インストラクター 林凌磨

参考文献
1)動作分析 臨床活用講座 バイオメカニクスに基づく臨床推論の実践
石井慎一郎

他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ     →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ