大腰筋のアプローチで円背傾向の姿勢を改善する

大腰筋のアプローチで円背傾向の姿勢を改善する

こんにちは、療法士活性化委員会委員長理学療法士の大塚です!
理学療法士大塚久

今回の記事では大腰筋へのアプローチで円背傾向の姿勢を改善する方法を執筆していきます。

概要

洗濯物を干すときに手が上がらないのでなんとかして欲しいという訴えのある方がいたのでそのリハビリの流れを記載したいと思います。

相手の状態を把握する方法

主訴とHOPEを聞く

まずはじめに主訴とHOPEを聞きます。

今回のケースで行くと

  • 主訴は「洗濯を干すときに手ががらない」
  • HOPEは「洗濯が干せるようになりたい」

です。

動作分析をする

実際の動作を分析します。大まかに100°くらいまでは肩関節が屈曲していきますが、そこからさらに屈曲できずに洗濯が干せない状況。

ちなみに立位姿勢はこんな感じ。円背傾向があります。

まず今回は骨盤に着目してみましょう。

なぜ骨盤に着目するの?

肩関節の屈曲には大きく分けて3つの要素が必要です。

  1. 肩甲上腕関節の動き
  2. 肩甲胸郭関節の動き
  3. 脊柱の動き

です。
特に屈曲の最終層で必要になるのが脊柱の伸展です。(カパンディ関節の生理学を参照

そして対象者は円背傾向、立位の骨盤も後傾位。胸椎の伸展だけ出しても後ろにひっくり返ってしまうのでまず骨盤の前傾からできるかどうか?から見る必要があります。

なのでまず骨盤着目します。

骨盤が前傾するには?

骨盤が前傾するには大きく2つの要素があります。

1、股関節・仙腸関節・腰椎の可動域
評価:股関節、脊柱のROM、パトリックテスト

2、大腰筋・腸骨筋の筋力
評価:MMT

それぞれ問題点が見つかったらアプローチをしてみます。

大腰筋のアプローチはこちら

可動域と筋力を確保したら動作で使えるように

坐位で骨盤前傾の反復運動を行ってみます。

最後に再評価

立位で肩関節屈曲の評価と問題となっている動作を再評価します。

おわりに

もちろん円背だけが肩関節屈曲の制限因子ではないですし、円背も大腰筋だけで改善するわけではありません。
大事なのは再評価し、変化がなければ別の部位をアプローチする「仮説→検証」の流れです。

もし仮説→検証する方法でお困りでしたら療法士活性化委員会ではテーマに合わせて方法をお伝えしていますのでお気軽にお越しください!
講習会一覧はこちら

もちろん最初は一人で考えるのは難しいこともたくさんあります、そんな時は相談するのも一つだと思います。相談はこちらへ>>>リハコヤ

ぜひいろんな症例を経験して「ありがとう」と言われる療法士になりましょう。

「信頼される療法士の土台を楽しく作る」療法士活性化委員会このブログの感想をレターでもらえるととっても喜びます。
応援・批判どちらも受け付けています。
>>>大塚久のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう