第55回理学療法士国家試験 午前 第24問

第55回理学療法士国家試験

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 肺音で正しいのはどれか。

  1. 気管呼吸音は吸気より呼気の方が大きい。
  2. 気管支呼吸音は吸気のみに聴取される。
  3. 笛音(DwheezesH)は吸気初期に聴取されやすい。
  4. 捻髪音Dfine cracklesHは呼気に聴取されやすい。
  5. 肺胞呼吸音は呼気終末に強くなる。

解答

解説

まず肺音についてまとめてみましょう。

肺音

となります。

これを問題文に当てはめてみると

  1. 気管呼吸音は吸気より呼気の方が大きい。
    →これは正しいです。
  2. 気管支呼吸音は吸気のみに聴取される。
    →呼気・吸気ともに聴取されます。
  3. 笛音DwheezesHは吸気初期に聴取されやすい。
    →呼気の終末期に聴取されやすいです。
  4. 捻髪音Dfine cracklesHは呼気に聴取されやすい。
    →吸気で聴取されやすいです。
  5. 肺胞呼吸音は呼気終末に強くなる。
    →聞かれるのは呼気の初期です。

なので解答は1になります。

これを臨床で活かすには?

正直肺音を聞くのは難しいし、慣れが必要です。まず聞くためのポイントを整理してみましょう。

  • 気管支音:肩甲骨の間、第2〜4肋間
  • 気管支肺胞呼吸音:第4〜6肋間より下部
  • 肺胞音:肺全体(右:上葉:第4肋骨より上、中葉:第4〜6肋骨、下葉:第8肋骨、左:上葉:第6肋骨より上部、下葉:第8肋骨)

肋骨の触診と合わせて高位を把握し肺音を聴取してみましょう。

また肺音とレントゲンを統合することにより実際に障害されている部分を特定し、アプローチすることができます。検査は一つだけでは正確な部位を特定できません、その他の検査を合わせて評価してアプローチしましょう。

リハコヤではリアルタイムで国家試験の解説をみんなで考えています。
悩める療法士のためのオンラインコミュニティリハコヤ
詳しくはこちら>>>リハコヤ

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ