第55回理学療法士国家試験 午前 第12問

第55回理学療法士国家試験 午前 第12問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

第55回理学療法士国家試験 午前 第12問

問 66歳の女性。左中大脳動脈領域のアテローム血栓性脳梗塞でブローカー失語と重度の右麻痺を認める。理学療法実施の際コミュニケーションに対する配慮で正しいのはどれか。

  1. 使用頻度の低い単語を用いる
  2. 出にくい言葉は先回りして言う
  3. 出来るだけ長い文章で話しかける
  4. 意思伝達には優しい漢字を用いる
  5. ジェスチャーは可能な限り用いない

解答

4

解説

まず失語症の分類を表にしてみましょう。

失語症

問題のブローカ失語は意味や聞き取りは可能です。
運動性失語と言われるだけあって発話・書字・復唱は苦手です。

そこで問題文を見てみると
1、使用頻度の低い単語を用いる
 →意味は理解できるのであんまり効果ないだろうと思います。

2、出にくい言葉を先回りしていう
 →失敗体験に繋がりますね。そもそも言葉を先回りして言われるのって失語がなくても嫌です。

3、できるだけ長い文章で話しかける
 →いくら理解はできると言って長い文章はそれだけで理解しにくくなります。嫌がらせとしか思えません笑

4、意思伝達には易しい漢字を用いる
 →その通りですね

5、ジェスチャーは可能な限り用いない
 →用いりましょう。

ということで正解は4。

これを臨床で活かすには?

まず単純に対象者の障害部位によって対応を変えるのはもちろん必要です。ただ今回の問題文の不正解のコミュニケーションは失語があってもなくても理解しにくい方法です。

効率的にリハビリを進めるには対象者とのコミュニケーションは必須です。相手に理解してもらうには

  • 相手に合わせた言語
  • 相手に合わせた声のトーン
  • 相手に合わせたスピード・リズム
  • 相手に合わせた情報量
  • 相手に合わせたタイミング

などを意識してコミュニケーションをとってみましょう!

リハコヤではリアルタイムで国家試験の解説をみんなで考えています。
悩める療法士のためのオンラインコミュニティリハコヤ
詳しくはこちら>>>リハコヤ

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ