反射について 〜反射とは〜

反射について 〜反射とは〜

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

原始反射、病的反射、膝蓋腱反射などさまざまな反射の種類を聞いたことがあると思います、臨床的にも反射の検査をして、病態を把握してと評価すると思いますが、いまいち反射ってよくわからないと思いませんか?

今回はそのよくみるけどいまいちわからない反射についてお伝えしていきます。

 

反射とは

刺激に対する反応として意識されることなく起こるものを指します。

その種類は

  1. 自律神経反射:発汗、ホルモン分泌など
  2. 体性反射:腱反射、表在反射など

の2つに大きく分けられます。今回は体性反射に焦点を絞ってお伝えします。

 

脊髄反射の種類

伸張反射

意義:関節の固定
骨格筋が伸張されると抵抗して長さを保とうとする。
深部腱反射
単シナプス反射(短時間)

屈曲反射

意義:傷害からの回避
皮膚や骨格筋、結合組織に傷害が発生するような刺激が加わったときに骨格筋を収縮させて関節を屈曲する。
多シナプス反射(長時間、広範囲)

抑制性反射

意義:円滑な関節運動
相反神経支配:主動作筋が収縮すると拮抗筋が抑制される(Ⅰa、α運動神経)
反回抑制:興奮した運動神経が自らを抑制する反射。過度な筋収縮による障害を回避。
Ⅰb抑制:骨格筋が強く伸張すると運動神経を抑制する反射。(腱紡錘)

腱反射について

深部腱(筋伸展)反射の検査では,求心性神経,脊髄内のシナプス結合,運動神経,および下行性運動路を評価できる。

  • 反射の減弱:下位運動ニューロンの障害(前角細胞、脊髄根、末梢神経)
  • 反射の亢進:上位運動ニューロンの障害
  • 片麻痺では腱反射の亢進がいったん完成すると、その後は大した変化がおこらない。
  • 腱反射亢進は必ずしも著明な機能障害をともなうとは限らない。

 

なぜ、反射が起きるか?

反射の役割

  1. 恒常性の維持
  2. 危険の回避
  3. 関節の固定
  4. 円滑な関節運動

が反射の役割です。どうしても病気によって出現する反射を「異常」と捉えられてしまいがちですが、反射が出ているのは上記の4つの役割を果たすために出ています。なので介入法は反射の抑制ではなく、反射を繰り返すことで随意的にコントロールをする統合が目的となります。

まとめ

反射について 〜反射とは〜

  1. 刺激に対する反応として意識されることなく起こるもの
  2. 反射の役割は、恒常性の維持、危険の回避、関節の固定、円滑な関節運動
  3. 反射は抑制するのではなく統合する

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.9.18(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
2022.9.18(日)【OT限定】ADL訓練の目的と具体的介入法 【移動・食事編】
2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー
【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

オンラインコンテンツ

2022.8.19(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

 

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ