on-elbow~on-hand中の肘・手 ~その役割と必要な3条件~[療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その104~]

on-elbow~on-hand中の肘・手 ~その役割と必要な3条件~

こんにちは! モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

前回に引き続き、起き上がり動作をテーマにお伝えします。
前回は、起き上がり動作をより効率よく簡単に行うためには、どのような肩の動きが必要なのかを整理しました。

今日は、起き上がり動作のなかでも
on-elbow〜on-hand時の肘・手の動きや役割、必要な3要素までを解説していきます!

On-handとは?

まず、on-elbowとは「肘をついた状態で上体を起こして支える」ことを指します。

起き上がり動作では、「側臥位から片肘をついて上体を起こす動き」を表現していることが多いですね。

そして、on-elbowの状態で手部(主に手掌面)に荷重していくことを
on-handと呼んだりします。

今回は、このon-hand時の肘・前腕・手関節の動きに注目します。

 

on-handでの肘・前腕・手関節

 

肘伸展しつつ、プレーシングできる?


on-handの状態では、肩は基本的に外転位となっています。

on-handでは肩外転位にて、手掌をベッド面で押して
身体を支えながら肘伸展を行なっていきます。

言い方を変えると、
「肩外転位でプレーシングしながら、
肘の伸展を行っている」状態にあると言えます。

このあたりは、前回のコラムが参考になるかもしれません。
(前回コラムは、こちら
on-elbow〜on-hand中の肩の動きとは?|その役割と必要な3条件を解説

前腕の回内外を痛みなくできる?

on-handの状態では
前腕を回内し、手掌がベッドに接地できるようにします。

手関節を回内した状態で荷重していくにあたり、
事前に回外動作を痛みなくおこなえるか必ず見ておきましょう。

手関節を安定させるうえで、前腕骨間膜と尺側手根伸筋腱の働きが
重要となりますが、

前腕の回内外動作ですでに痛みが出ている場合は
起き上がるときに身体を支えることが難しくなります。

なので、まずは前腕の回内外動作を
痛みなく行えるかを見ておきましょう。

手指は伸展できる?

続いて、手関節に注目してみましょう。


on-handのとき、手関節は
肘伸展にともなって背屈位となっていきます。

このとき、手関節の屈筋・伸筋群を活用して
手関節を安定できていなければ、
支持側上肢への荷重は保てず、肘を伸展して
からだを起こすことが難しくなります。

先ほどお伝えした
前腕骨間膜と尺側手根伸筋腱の働きも大事です。

一方で、手指の伸展制限が強いと
手関節を伸展位に保つことがそもそも難しくなるため、
手指の動きを見ておくことも重要となります。

 

まとめ

肘・手の動きに注目してon-handの動きを分析すると
「肩外転位でプレーシングしながら、肘の伸展を行えるか」
「前腕の回内外動作を、痛みなく行えるか」
「手指・手関節の伸展を行えるか」


という3条件が必要、ということが考えられそうです。

前腕や手関節・手指の動きは問題がないのに
肘が伸ばせない…という場合には、

もしかしたら、それは支持側の肩だけの問題ではなく
「股関節」「体幹」の問題もあるかもしれません。

この点については、次回お伝えしますね。

 

もし、肩・股関節・体幹の動きが影響することを
考えにくければ、一緒に学んでみませんか?

  • 日常生活動作から動作分析を行えるようになりたい…
  • 寝返りをもっと見れるようになりたい…
  • ADLにつながる介入プランを作れるようになりたい…

そんなお悩みを解決する講座です。

【 特 徴 】
Basic・Assessmentコースで学んだ内容をもとに
寝返りの動作分析を、参加者同士で実践しながら学べます。

【 内 容 】

  1. 安定した体重移動の要となる、体幹の機能と特徴

  2. 座位・立位で肩を屈曲するために必要な、腹部~肋骨・胸骨~肩甲骨の動きのつながり方

  3. 安定して動けるために欠かせない、股関節と骨盤帯のつながり

  4. 各部位で重要となる部位へのアプローチ方法
     ・体幹→脊柱、腹筋へのアプローチ
     ・肩→肋骨周囲へのアプローチ
     ・股関節→股関節前面へのアプローチ

わからない部分は、いつでも質問できるところも このコースの特徴です( ^ω^ )

Basic・Assessmentの内容を、実戦形式で復習することにもなりますので実技の面でもレベルアップします。

次の一歩へ進むために、まずは自分の動きを噛み砕いて分析してみませんか?
療法士活性化委員会 認定講師 吉田 頌平

      【療活講習会一覧】

      ”信頼される療法士になるための土台を作る”>>>療活してる?

      このブログの感想をレターでいただけますか? 応援・批判どちらも受け付けています。>>>吉田頌平のレターポット

      この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
      今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
      ↓ ↓ ↓ ↓

      この記事が気に入ったら
      いいね ! しよう