講習会情報

療法士活性化委員会講習カリキュラム

療法士活性化委員会認定カリキュラムは信頼される療法士になるための土台作りのプロセスです。

1.触診・アプローチ法を学ぶBASICコース
2.評価・促通法を学ぶAssessmentコース
3.動作分析・運動療法を学ぶanalysisコース

の3つ段階を経て療法士としての土台を構築していきます。
analysisコースが終了しても再度BASICに立ち返り、技術の精度を高めていきます。
この段階を繰り返しながら療法士としての質を高めていきます。

【 多くの療法士が選ぶ、療活1番人気講義 】
臨床で結果を出すための触診・アプローチ法
〜BASICコース〜

3ヶ月6日間で体幹・上下肢の触診・関節モビライゼーション・筋膜リリースを習得。
ICFを用いた評価の流れ、報告書の作成方法、症例検討を通して多角的な視点を養い、臨床で結果を出すための”土台”を作ります。

BASICコース詳細

Assessmentコース詳細

analysisコース詳細

療法士活性化委員会を体験する
1Day体験セミナー

【 オススメ 】評価の抽出とスクリーニング検査法

今まで1時間かかっていたサマリー計画書が30分で書けるようになり、行程分析を用いた評価の抽出法ができるようになります。
また10分でできるスクリーニング検査法を習得していただき、短時間で効率的に状態の把握ができるようになります。

評価の抽出法詳細

脳卒中片麻痺の寝返りからみる機能障害の特定とアプローチ法〜歩行に繋げる動作分析の方法〜

DVD教材基本動作分析

寝返り・立ち上がりなどの基本動作分析でみる4つのポイントを学び、動作分析から介入する方法を習得することができます。

基本動作分析詳細

【 オススメ 】ROMexで結果を出すための触診・アプローチ法

ROMの制限因子とその評価・アプローチ法を学び効率的にROMexを行う方法を学びます。

ROMex詳細

脊柱圧迫骨折に対する評価とアプローチ法

1、病態の把握と術式・リスク管理
2、患者様のリハビリの目的と適切評価からの問題点の抽出
3、抽出された問題点に対する適切な介入

を明確にし脊柱圧迫骨折の患者様に対して効率的にアプローチが行なえるようになります。

脊柱圧迫骨折詳細

【 4名限定・平日開催開催 】
触診セミナー

4名の少人数に限定し、徹底的に触診を繰り返します。

大きな講習会では付いていくのが不安。
平日しか休みがとれない方にオススメです。
触診詳細

発達からみる麻痺の回復過程

片麻痺の方に対する効率的なアプローチは行えていますか?
そもそも麻痺の回復過程を理解していますか?
麻痺の回復過程は発達の段階に合わせて回復していきます。

発達の段階を理解することで効率的に評価・アプローチを行うことができます。
あなたも発達の段階を明確にし、
動作の改善のための評価・アプローチが効率的に行えるようになりませんか?
発達段階詳細

ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー

ADLを効率的に行う為の触診セミナー

ADL動作を効的に行うには
機能面の評価ができることが必要になります。
機能面の評価の為にも骨・筋を触れるようになりアプローチもできるようになりましょう。
ADL触診

触診 復習会&体験会

触診 体験会 復習会

セミナーで学んだことを復習していますか?
学んだ知識を自信を持って提供するためには「復習」が欠かせません。
この機会に学んだ知識を再確認してみましょう。
そしてまだ療活に参加したことがない方はこの機会にどんなことをやっているのか体験してみてください。
復習会&体験会

大腿骨頸部骨折にたいするリハビリテーション

大腿骨頸部骨折に対するリハビリテーション

1、病態の把握と術式・リスク管理
2、患者様のリハビリの目的と適切評価からの問題点の抽出
3、抽出された問題点に対する適切な介入

を明確にし脊柱圧迫骨折の患者様に対して効率的にアプローチが行なえるようになります。

大腿骨頸部骨折詳細