【寝返りの見方がよくわからない方へ捧ぐ】ざっくりと寝返りをみる!3つのポイントから寝返りを分析してみた③[療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その134~]

【寝返りの見方がよくわからない方へ捧ぐ】ざっくりと寝返りをみる!3つのポイントから寝返りを分析してみた③

こんにちは! モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

 

動作分析って、どこから見たらいいか迷いませんか?

今回は、寝返りのうごきを3つの部位に区切って分析します。
各部位のうごきを分析した結果を、
最後にまとめて考えていってみます。

動作分析が苦手だという方は、ぜひご覧ください^^

寝返りを3つのパートにわけて分析

今回、検証する寝返りはコチラです。

寝返り動作の特徴は、以下の文献を参考にしています。
https://pdfs.semanticscholar.org/c945/2134f23b987d0436ece08f8479d88841e37c.pdf

こちらの文献では、上肢・下肢・体幹の動きの特徴をもとに
寝返りを3パターンにわけていました。

文献を参考に、上肢・下肢・体幹に注目して分析してみます。

 

上肢:左肩・右肘の屈曲が大きく出現

両肩や肘を、序盤から大きく屈曲する様子がみられます。

また上肢の動きに勢いがあり、肩甲帯を大きく回旋することにつなげています。

さらに注目したいのは、この時点で右下肢も屈曲している点です。

 

下肢:右下肢を大きく屈曲・外転し、勢いをサポート

序盤から継続して右下肢を挙上し、
身体の向きを変える際に、さらに外転しています。

右下肢のダイナミックな動きと、身体の右側に右下肢の重みが偏ったことで
骨盤の向きを変えやすくしています。

多くの場合、右側に寝返る際に右股関節を中心に
右下肢が寝返る身体を支えますが、

このケースでは、床と接する部分を少なくして
右側へ倒れこむように動きやすくしています。

 

体幹:胸椎・骨盤の回旋が出現

上肢・下肢のそれぞれ特徴的な動きに連動し、
胸椎は回旋し、骨盤の向きが右へ向いています。

 

上肢・下肢・体幹の動きをまとめる

整理してみますと、

上肢:両側とも大きく、ダイナミックに屈曲
下肢:支持側の右下肢が、大きく屈曲・外転
   勢いよく倒れこみやすい体勢
体幹:骨盤・胸椎とも回旋

という特徴があり、各部位で動きが大きい寝返りでした。

これまで観察してきた寝返りの動きと比較してみても、
上肢・下肢・体幹の動きが目立っています。

動き方を比較してみると、それぞれの部位で
動きの大きさがちがうのがわかるかと思います。

 

個人的には、
上肢・下肢が大きく動いたあと、骨盤や胸椎が回旋した状態が
常に保たれていた点が印象的でした。


もしかしたら、脊柱・骨盤が単独で動かすことが難しい場合でも
上肢・下肢の大きな動きで寝返りはある程度できるんじゃないか?
と考えさせられました。

あなたは、どう思いましたか?

 

まとめ

もし、どこから評価したらいいのか迷ったら
一箇所ずつ視点を集中してみることをおすすめします。

一度にたくさんの部位を同時に評価することは
どんなベテランさんでも非常に難しいことです。

迷ったときは、自分がなんとなく気になっている点でもいいですから
一部位に絞って評価してみて
目指したい・再獲得したい動きに影響しているのか、具体的に評価してみましょう!

 

地道ですが、迷ったときに効果的ですよ。

 

利用者さん・患者さんがどんな寝返りならやりやすいのか
一緒に探すきっかけになれましたら幸いです!

 

  • 日常生活動作から動作分析を行えるようになりたい…
  • 寝返りをもっと見れるようになりたい…
  • ADLにつながる介入プランを作れるようになりたい…

そんなお悩みを解決する講座です。

【 特 徴 】
Basic・Assessmentコースで学んだ内容をもとに
寝返りの動作分析を、参加者同士で実践しながら学べます。

【 内 容 】

  1. 安定した体重移動の要となる、体幹の機能と特徴

  2. 座位・立位で肩を屈曲するために必要な、腹部~肋骨・胸骨~肩甲骨の動きのつながり方

  3. 安定して動けるために欠かせない、股関節と骨盤帯のつながり

  4. 各部位で重要となる部位へのアプローチ方法
     ・体幹→脊柱、腹筋へのアプローチ
     ・肩→肋骨周囲へのアプローチ
     ・股関節→股関節前面へのアプローチ

わからない部分は、いつでも質問できるところも このコースの特徴です( ^ω^ )

Basic・Assessmentの内容を、実戦形式で復習することにもなりますので
実技の面でもレベルアップします。

次の一歩へ進むために、まずは自分の動きを噛み砕いて分析してみませんか?
療法士活性化委員会 認定講師 吉田 頌平

      【療活講習会一覧】

      ”信頼される療法士になるための土台を作る”>>>療活してる?

      このブログの感想をレターでいただけますか? 応援・批判どちらも受け付けています。>>>吉田頌平のレターポット

      この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

      今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック! ↓ ↓ ↓ ↓

      この記事が気に入ったら
      いいね ! しよう

      受付中講習会一覧

      土日開催

      2022.7.17(日)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
      2022.8.21(日)
      2022.9.18(日)
      2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー

      【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →  キャンセル待ち
      【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

       

      平日開催

      2022.7.13(水)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】
      【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
      【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

      動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

      リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

      リハコヤ