肩関節の機能と解剖、評価について勉強してみた〜機能的関節編〜 

こんにちは、療法士活性化委員会の大塚です。

理学療法士大塚久

前回は肩甲胸郭関節の機能と解剖、評価について学んでいきました。肩甲胸郭関節は機能的な関節に分類され、その動きも様々なものがありました。( )今回は機能的な関節の残りの2つ第2肩関節とC-Cメカニズムについて勉強していきたいと思います。

機能的関節とは?

いわゆる解剖学的な関節ではなく、機能上、関節のような働きをする部位のことです。肩関節では健康胸郭関節、CCメカニズム、第2肩関節が機能的関節に分類されます。

関節 構成要素 役割
C-Cメカニズム 烏口突起、烏口鎖骨靭帯、鎖骨 鎖骨外側の制御、肩甲骨の懸垂、棘鎖角の制御
第2肩関節 烏口突起、肩峰、烏口肩峰靭帯、上腕骨 棘上筋、棘下筋の肩峰の滑走、腱板の押さえ込み、支点の形成

C-Cメカニズム

烏口鎖骨靭帯(円錐靭帯、菱形靭帯)で主に肩鎖関節の安定性を担っています。

  • 菱形靭帯:棘鎖角の減少(肩甲骨の内転、下方回旋、前傾)
  • 円錐靭帯:棘鎖角の増加(肩甲骨の外転、上方回旋、後傾)

を制御しています。
肩鎖関節脱臼Tossy分類Ⅲ以上で断裂と分類されるのがこの烏口鎖骨靭帯です。

烏口突起周囲の機械受容器

烏口鎖骨靭帯には機械受容器が豊富にあり、肩甲上神経を介して肩関節の運動制御機構、運動時通にも関与があります。烏口鎖骨靭帯の機能不全は肩関節の疼痛の原因としても考えられます。

第2肩関節

第2肩関節は烏口突起、肩峰、烏口肩峰靭帯、上腕骨で構成されており、烏口突起、肩峰、烏口肩峰靭帯で形成される烏口肩峰アーチの下に肩峰下滑液包と脂肪体が存在します。肩峰下滑液包と脂肪体が肩関節挙上時に烏口肩峰アーチと骨頭の間の滑走性を補助し衝撃や摩擦を軽減しています。肩峰下滑液包や脂肪体の可動性が低下することにより、肩峰下インピンジメントを起こし、疼痛の原因となります。

フォースカップル

フォースカップルとは2つ以上の筋活動によって1つの関節運動を起こすことを指します。
烏口肩峰アーチによって三角筋と棘上筋、棘下筋が分離され、肩関節挙上時に棘上筋、棘下筋が骨頭を臼蓋に押し付けつ作用と三角筋で挙上するフォースカップルを生み出しています。

C-Cメカニズム、第2肩関節のアプローチ

胸鎖・肩鎖関節のモビライゼーション

肩甲上腕関節のモビライゼーション

棘下筋のリリース

まとめ

機能的関節は

  1. 解剖学的な関節ではない
  2. 肩関節の動きを理解する上で非常に重要
  3. 可動性の低下により疼痛の原因となりうる

この3つがポイントとなります。

関節の機能を理解してより効率的にリハビリを行っていきましょう。
>>>【触診が苦手な方限定】6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナー

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう

参考文献・資料

  1. Adalbert I. Kapandji (原著), 塩田 悦仁 (翻訳) カラー版 カパンジー機能解剖学  III (3) 脊椎・体幹・頭部 原著第6版 医歯薬出版
  2. 野村 嶬 (編集) 解剖学 第4版 (標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野) 医学書院
  3. 中村 隆一 、齋藤 宏 、長崎 浩 (著) 基礎運動学 第6版 医歯薬出版
  4. 山嵜 勉 (編集) 整形外科理学療法の理論と技術 メジカルビュー社
  5. 菅本 一臣 すべてが変わったリハビリテーションの概念と治療体系 再生医療とリハビリテーション 1 (1) 9-16
  6. 上羽 康夫* 上肢のバイオメカニズム バイオメカニズム学会誌 Vol.23No.2(1999)
  7. 村木 孝行 バイオメカニクスに基づいた肩関節障害の評価と治療 理学療法の歩み 25 巻 1 号  2014 年1月
  8. Muraki T, Aoki M, et al.: The effect of arm position on stretching of the supraspinatus, infraspinatus, and posterior portion of deltoid muscles: a
  9. cadaveric study. Clin Biomech (Bristol, Avon) 2006; 21(5): 474-480.
  10. Muraki T, Aoki M, et al.: A cadaveric study of strain on the subscapularis muscle. Arch Phys Med Rehabil 2007; 88(7): 941-946.
  11. W Ben Kibler, Aaron Sciascia Current concepts: scapular dyskinesis Br J Sports Med 2010;44:300–305
  12. Ingrid Hultenheim Klintberg & Ann M. J. Cools & Theresa M. Holmgren & Ann-Christine Gunnarsson Holzhausen & Kajsa Johansson & Annelies G. Maenhout & Jane S. Moser & Valentina Spunton & Karen Ginn Consensus for physiotherapy for shoulder pain International Orthopaedics (SICOT) 2014
  13. Hickey D1, Solvig V1, Cavalheri V1, Harrold M1, Mckenna L1. Scapular dyskinesis increases the risk of future shoulder pain by 43% in asymptomatic athletes: a systematic review and meta-analysis      Br J Sports Med. 2018 Jan;52(2):102-110. doi: 10.1136/bjsports-2017-097559. Epub 2017 Jul 22.
  14. Hillary A. Plummer         Observational Scapular Dyskinesis: Known-Groups Validity in Patients With and Without Shoulder Pain Journal of Orthopaedic & Sports Physical Therapy, 2017 Volume:47 Issue:8 Pages:530–537
  15. 高野 有優美, 木藤 伸宏          リーチング動作時の肩甲骨と肩甲上腕関節の運動学的特徴         第53回日本理学療法学術大会 抄録集 Vol.46 Suppl. No.1
  16. W Ben Kiblerら  Clinical implications of scapular dyskinesis in shoulder injury: the 2013 consensus statement from the ‘scapular summit’            Br J Sports Med.          Volume 47, Issue 14.2013
  17. Huang TS1, Huang HY1, Wang TG2, Tsai YS3, Lin JJ4.      Comprehensive classification test of scapular dyskinesis: A reliability study. Manual Therapy 2015 Jun;20(3):427-32. doi: 10.1016/j.math.2014.10.017. Epub 2014 Nov 7
  18. Andreas Christos Panagiotopoulos1,* and Ian Martyn Crowther2    Scapular Dyskinesia, the forgotten culprit of shoulder pain and how to rehabilitate       SICOT J          2019 Aug 20. doi: 10.1051/sicotj/2019029
  19. 森澤 豊, 貞広 哲郎, 川上 照彦, 山本 博司 烏口肩峰靭帯における神経終末の観察 肩関節 1990 年 14 巻 2 号 p. 161-165
  20. PRiCO(ぷりこ)さんによるイラストACからのイラスト 
  21. 筒井よしほさんによるイラストACからのイラスト 
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう