呼吸リハビリに必要な準備について from リハコヤ

呼吸リハビリに必要な準備について from リハコヤ

毎週月曜日は一年前にリハコヤでライブ配信されたものの一部を文章でお届けします。

呼吸は必ずみて欲しい

呼吸器疾患をお持ちでない方を担当する場合、「呼吸はみてません」って結構あると思います。例えば片麻痺の場合、呼吸筋も半分麻痺しています。そうなると呼吸が通常より苦しくなるのは当たり前ですよね。なのでどんな方にも呼吸を見てもらいたいと思います。
試しに片麻痺の方の胸郭を触って見てください。かなり硬い方が多いです。

呼吸の評価・介入をする前に

呼吸に介入する時のリスクの一つに「肋骨を骨折させてしまう」と言うことがあると思います。肋骨を骨折する主な原因の一つは「必要以上の圧を胸郭にかけていること」です。この必要以上に圧をかけないと言うのが呼吸に介入するために必要なことです。

必要になるのが手の柔軟さ

手が相手に触るときにトータルタッチ(手掌、手指など)で全てが相手に同じ圧で触れていることが重要です。指先だけに力が入ったり、手根部で押したりするとトータルタッチはできず必要以上に圧がかかった状態になります。
そのならないために必要なことが手の柔軟さです。

手を柔軟にするには?

手根骨を集めるように持ってみましょう。そしてそこをこすり合わせるように動かしてみましょう。これをやるだけでも手が柔らかくなって余計な力が入りにくくなります。

手の柔らかさには呼吸以外にも生かされる

手の柔らかさは呼吸の介入だけではなく、他の部位の触診、徒手療法、誘導の際のハンドリングにもすごく重要になってきます。

まとめ

呼吸リハビリに必要な準備について

  1. どんな方にも呼吸に対する介入は必要!
  2. 手が硬いと必要以上の力が入り骨折のリスクが高まる!
  3. 手の柔らかさは呼吸だけでなく触診・徒手療法・ハンドリングにも活かせる!

手の柔らかさは療法士にとって必須のスキルです。ぜひ自身の手のコンディショニングをしてみましょう!

オンラインコミュニティ『リハコヤ』では、毎週2回こう言った内容をライブ配信しています。興味がある方はぜひお越しください。
↓ ↓ ↓
リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」リハコヤ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2024.4.20(土)評価・触診からアプローチまで! 苦手な療法士のための動作分析実践講座
2024.5.18(土)【OT限定】苦手意識がなくなる!! OTのための、やさしい歩行セミナー

【ADLで悩んだらこれ!】2024.5/19(日)【ADL訓練が苦手な方限定】対象者に合わせた効果的なADL訓練のための考え方・実践法【下衣・トイレ動作編】
2024.6.15(土)ROMexを効率的に行うための触診セミナー【下肢編】
【ADLで悩んだらこれ!】2024.6/16(日)【ADL訓練が苦手な方限定】対象者に合わせた効果的なADL訓練のための考え方・実践法【上衣・自助具作成編】
2024.7.20(土)評価・触診からアプローチまで! 苦手な療法士のための動作分析実践講座
2024.7.21(日)【臨床力アップ!】苦手な療法士のための腰部脊柱疾患の評価とアプローチ法
2024.8.18(日)慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠をもとにした末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~1DAY濃縮版
2024.8.18(日)トイレ動作の動作分析から情報共有までの流れを学ぶ

【迷ったらこれ!】第31期 2024. 7/6,7 8/3,4 9/7,8(土日)【触診が苦手な方限定】第31期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース →残り20名
【慢性疼痛にはこれ!】2024.4/21 5/19 6/16(日)慢性疼痛に対する痛み・神経の科学的根拠に基づく末梢神経への徒手介入法 ~DNMアプローチ~BASICコース

平日開催

【迷ったらこれ!】第31期 2024. 7/3,7 7/28,8/4 9/4,8(水日)【触診が苦手な方限定】第31期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2024.5.17(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ