第56回理学療法士国家試験 午前 第7問

第56回理学療法士国家試験 午前 第7問

毎週木曜日は国家試験の問題と解説をしてきます!!
*あくまで療法士活性化委員会としての解説なので確実な正答を保証するものではありません。必ず自分で調べましょう!

問 

78 歳の女性。自宅玄関で転倒してから起立歩行不能となり救急搬送された。来院時の単純エックス線画像a別冊No. 2dを別に示す。

最も考えられるのはどれか。

  1. 股関節脱臼
  2. 大腿骨頸部骨折
  3. 大腿骨骨頭骨折
  4. 大腿骨転子下骨折
  5. 大腿骨転子部骨折

解答

5

 

解説

問題のX線画像は大腿骨大転子の中心部に骨折線があり、小転子も剥離骨折しているため、大腿骨転子部骨折と思われます。

 

なので解答は2になります。

 

これを臨床で活かすには?

大前提として、骨折の診断は医師にしかできず、療法士がエックス線の画像を見て骨折を判断することはありません。療法士がレントゲンを見る意義は診断ではなく、その後のリハビリで対象者の方に起きている現象の要因の一つとして考えるために見るものです。例えば、骨折部位からその部位に付着している筋はあるか、その周囲にある血管や神経はどうか?手術を選択し場合に侵襲部位はどこか?など様々な要因を考え、目の前にいる対象者に起きている現象を紐解いていきます。診断はできませんが、要因の一つとしてエックス線を始め画像を見れるようにしておきましょう。

>>>臨床で悩む療法士のためのオンラインコミュティ“リハコヤ”

療活では患者さん、利用者さんの目的を達成のサポートができる療法士が増えることで療法士自身も、患者さん利用者さんも笑顔になることを目的に活動しています。
あなたも当たり前のことができるようになり「ありがとう」と言われる療法士になりませんか?

ありがとう
他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

受付中講習会一覧

土日開催

2022.4.16(土)動作分析の基本的なみかたと問題点の抽出・アプローチ法
2022.4.17(日)ROMexを効率的に行うための触診【下肢編】

2022.5.21(土)【OT限定】ADLに効率的に介入するための触診セミナー
2022.5.22(日)【OT限定】OTのOTによるOTのための歩行セミナー
2022.6.18(土)ROMexを効率的に行うための触診【体幹編】
2022.6.19(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法

【迷ったらこれ!】2022年 7/2,3 8/6,7 9/3,4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

 

平日開催

【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第21期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース

オンラインコンテンツ

2022.4.15(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

リハコヤ