『優先順位を決めるのに必要な2つのポイント』

みなさんこんにちは

療法士活性化委員会の大塚です。

 

よく先輩などに

「治療の優先順位を決めな」

と言われることがあると思います。

触診,療法士活性化委員会

僕も優先順位を決めるのが苦手でした。

実は優先順位を決めるのには2つのポイントがあるんです。

そのポイントは...

  1. 目標設定
  2. 期限を決める

 

実はこれ、リハビリの場面だけでなく

日常生活でも活かすことができます。

 

  1. 自分がどうなりたいのかの目標を設定し
  2. いつまでにそうなるかの期限を決める

 

皆さんはどんな療法士になりたいですか?

そしてどんな自分になりたいですか?

ちょっとイメージしてみましょう^^

 

療法士活性化委員会

委員長 大塚 久

 

追伸

先日第1期が終了しました。現在は第2期を募集中ですが残りあと4名となっています。

お早目のお申込みをおすすめします。

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーベーシックコース」

 

追伸2

評価治療ができるようになったら今度はそれを生活に繋げることが大切になります。

リハ室だけでなく生活に繋げるためのadvanceコースはこちら

>>>療法士活性化委員会アドバンスコース

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

療法士活性化委員会

代表 大塚 久

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 『Advance3日目「ha-f理論」の復習』

  2. 『スクリーニングでMMTはここを評価する』

  3. 主訴が聴取できない場合は?

    『認知症のある方の目標設定はどうする?』

  4. リハビリで結果を出す10の心得

    『患者様のリハビリをする際に、療法士が持っておきたい10の心得』

  5. 『DVD発売記念30%offセール』

  6. レターポット

    レターポットが使えるお店・サービス

  7. 『キンコン西野が療法士を、いや日本を救う⁉︎』

  8. 『最初の就職はクリニックできまりでしょ?』

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧