『股関節のスタビリティーの見方』

みなさま

こんにちは、

アドバンスコースの講師の加藤です。

 

先週は、『スタビリティー』の本来の意味について書きましたね!

 

覚えていますか?

固定性ではなく安定性です!

 

それをふまえてもう一度股関節のスタビリティーについて考えてみましょう!

 

まず股関節は臼蓋が浅く、肩関節についで不安定な関節ですね!

その股関節の安定性はどのようにでているのか!?

 

それは・・・

 

一つの要因として

筋があります。

股関節は側方・前方・後方にそれぞれ幅広く動くことが可能ですが、

その分それぞれの方向のスタビリティーを担当する筋があります。

 

今回からはその筋一つ一つについて触れていきましょう!

 

まずは側方のスタビリティーを担当する筋ですが、

それは小臀筋です!

 

小臀筋?

なんで?

中臀筋ではなく?

 

って思いませんか?

考えてくださいね。

基本的にアウターマッスルは関節を動かす筋です。

逆にインナーマッスルは関節の安定性を出す筋です。

 

そして中臀筋と小臀筋を比べるとどちらがアウターでしょうか?

中臀筋ですよね!

 

なので、股関節の側方のスタビリティーを見るときは

まずは小臀筋をみましょう!

 

その方法はアドバンスコースでお伝えしますね!

>>>Advanceコース

 

療法士活性化委員会 Advanceコース講師

作業療法士

加藤 淳

 

追伸

基本的なことができている方が信頼関係が構築できるのは間違いないです。療法士の基本をもう一度学んでみませんか?

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーベーシックコース」

 

追伸2

基本ができたら次は応用編。

療法士の基本の触診ができたら今度は評価・促通して生活に常げるための応用方法を学びましょう。

リハ室だけでなく生活に繋げるためのadvanceコースはこちら

>>>Advanceコース

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

療法士活性化委員会

代表 大塚 久

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebookhttps://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitterhttps://twitter.com/ryokatsu0518

line@友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 新人療法士、肩関節、評価

    『悩んでいる新人療法士がまずやるべきこと その3』

  2. 本当に良い坐位姿勢、シーティングの考え方

    『それが本当にいい座位姿勢なの?』

  3. 大腰筋

    『股関節のスタビリティーの評価法2』

  4. 『肩の評価はどこから見るの?』

  5. 『認知面が低下している方の筋の促通の方法とは!?』

  6. 『車椅子で見て欲しいポイント その2』

  7. 『車椅子へのシーティングの基本!』

  8. 『膝関節の可動域に必要な要素! その3』

臨床お悩み相談所

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録

カテゴリー一覧