「なにを評価したらいいんだっけ?」がなくなる、トイレ自立につなげる歩行のふらつき評価ポイント[療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その80~]

こんにちは! モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

療法士として、必ず評価する場面のひとつがADLですが、細かく見ていくうちに何が問題点だったのかわからなくなっちゃうことって、ありませんか??

たとえば、トイレ動作。

トイレまでの移動、下衣の上げ下げ、臀部の清拭、用が済んだあとの水の流し方、手を洗う… 
いろんな動きが求められるトイレ動作は、ADLの中でも高度なもののひとつですよね。

さらに、トイレ動作は「自分でやりたい!」と言われる確率が高く、できるだけ早く自立したいと願う利用者さんが多いことも特徴ですよね。

ですが、
「フラフラ歩いてるから、ひとりで行くのはちょっと不安…」
と思う場面って、けっこうありませんか?

というわけで、今回はトイレ動作のなかでも「歩いてるときのふらつき」を例に、どこをポイントに評価したらいいかをお伝えしていきます!

 

そもそも歩くときにふらつくって?

歩行を整理しよう!

まず最初に、歩くときって、どんな動きがあるんでしょう?
そういえば、学生時代にこんな図がありましたっけ。

引用元:http://www.fujita-hu.ac.jp/~rehabmed/contents/s_reha_ken/GaitAnalysis1007Sec.pdf


ふむふむ、このうちのどこかの動きができていないと、歩くときのバランスを崩しやすくなるんですね。
では、歩くときにふらつくってどんな要因があるんでしょう?

ふらつく要因

歩く時にふらつく場合について、臨床でよくみかける一例を挙げてみます。

異常歩行の名前 特徴 要因
墜落性跛行 短い脚の足でのつま先立ち歩きや体幹の動揺を起こす 3cm以上の脚長差、骨盤の支持力低下
トレンデレンブルグ歩行 立脚前期から中期にかけて、身体を倒して歩く 股関節外転支持力の弱化


どちらの場合でも、骨盤と股関節を支持する筋の働きは重要のようですね。


もし、筋力を活用して骨盤・股関節を支持できない場合、できるだけ前に進みやすいように股関節を屈曲位で固定するようになりやすいんです。
その姿勢の最たる例は、「猫背姿勢」「円背」です。


なので、歩行時にふらつく場合は「そもそも荷重がかかった状態で股関節を屈曲・伸展 中間位まで動かせるか?」をまず評価してみましょう!

 

まとめ


いかがでしたか?

トイレ動作のなかでも、歩行に注目していきましたが、いろんな要素が詰まっていることがわかりますよね。
「荷重した状態で股関節を屈曲・伸展 中間位まで動かせるか?」という視点をもつと、評価できる場面は歩行中だけではないかもしれませんね。

ADLを分析するって、なんだか難しく感じやすいですが、ひとつひとつの動きを整理すると分析できるようになりますよ!

  • 関節運動の原理を整理したい…
  • 日常生活動作から動作分析を行えるようになりたい…
  • 必要なセルフエクササイズを構築できるようになりたい…

そんなお悩みを解決する講座です。

このコース最大の特徴は、 「あなたが、あなた自身を分析すること」にあります。

あなた自身の身体を動かしながら

  1. 歩くときに、安定して一歩を踏み出すために必要な骨盤帯での体重移動

  2. 座位・立位で肩を屈曲するために必要な、腹部~肋骨・胸骨~肩甲骨の動きのつながり方

  3. 立ち上がる時に必要な、股関節と骨盤帯の連動の仕組み

これらの内容を学び、 必要な動作分析の視点と、段階的な自主トレ(セルフエクササイズ )の構築方法、 評価内容を患者さんへお伝えする方法をお伝えいたします!

わからない部分は、いつでも質問できるところも このコースの特徴です( ^ω^ )

他の記事をもっと詳しく知りたい方へ
記事の目次ページへ      →

次の一歩へ進むために、まずは 自分の動きを噛み砕いて分析してみませんか?
療法士活性化委員会 認定講師 吉田 頌平

      【療活講習会一覧】

      ”信頼される療法士になるための土台を作る”>>>療活してる?

      このブログの感想をレターでいただけますか? 応援・批判どちらも受け付けています。>>>吉田頌平のレターポット

      この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

      今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック! ↓ ↓ ↓ ↓

      この記事が気に入ったら
      いいね ! しよう

      受付中講習会一覧

      土日開催

      2022.9.18(日)脊柱疾患に対する評価とアプローチ法
      2022.9.18(日)【OT限定】ADL訓練の目的と具体的介入法 【移動・食事編】
      2022.10.22(日)OTによるOTのための歩行分析セミナー
      【迷ったらこれ!】2022年 10/1,2 11/5,6 12/3,4(土日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

      平日開催

      【迷ったらこれ!】2022年 6/29,7/3 8/3,7 8/31,9/4【触診が苦手な方限定】第23期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース → キャンセル待ち
      【迷ったらこれ!】2022年 9/28,10/2 11/2,6 11/30,12/4(水日)【触診が苦手な方限定】第24期 6日で学ぶ評価・アプローチのための触診セミナーBASICコース 

      オンラインコンテンツ

      2022.8.19(金)21時〜22時 OTのしゃべり場

       

      動画コンテンツ販売中>>>療活BASE

      リハビリで悩む療法士のためのオンラインコミュニティ「リハコヤ」

      リハコヤ