トイレにも地味に効果的!腹臥位で得られるメリット2選[療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その92~]

トイレにも地味に効果的!腹臥位で得られるメリット2選

こんにちは! モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

 

これまで仰臥位・側臥位と、ベッド上姿勢を変えることで得られる影響をお伝えしてきました。

“まぁまぁ側臥位”でもOK!上手にベッド上姿勢を取れるようになって、ADL改善を目指そう![療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その90~]

目指せ「ADL改善」!ベッド上姿勢を変えて、誤嚥リスク低下へ![療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その91~]

 

今回はベッド上姿勢の第3弾・腹臥位 編です。

 

臨床において、絶対に取れる姿勢というわけではないけれど、知っておくとトイレもスムーズにしやすくなるので、ご紹介します!

 

 

腹臥位のメリット① 息を吐きやすくなる

ご高齢の方や、痛みがつづいているなどの要因で緊張している方のなかには、
よく息を吸う方が強くなっている方がいらっしゃいます。

理由としては、

  • 年をとっていくと、肋骨は動きが硬くなるため
  • 肺が膨らみにくく、酸素を取り入れにくくなるため
  • 緊張状態では、息を吸うほうが強くなりやすいため

が挙げられます。

 

 

本来、息を深く吐くためには腹直筋などの
腹部筋群が働きますが、

息を吸う働きが強くなると、腹部筋の活動が抑制され
背部筋の活動が亢進しやすくなります。

 

腹臥位になると、胸郭が床面に押し込まれるようになるため
仰臥位や座位のときよりも、息を吐きやすくなるんです。

 

つまり、腹直筋などの体幹筋が使いやすくなるんですね。

 

この副次的効果として、「排便コントロール」がうまくなる点も見逃せません!

 

 

腹臥位のメリット② 排便がしやすくなる

まず、トイレで重要になるのが「直腸内圧を高めること」です。

簡単にいうと、便を押し出すときの力のことです。

 

便を押し出す力(直腸内圧)を高めるためには、腹直筋などの腹部筋群が働くことが重要です。

 

腹部筋の多くは肋骨を下に引っ張るように働きますので、
腹臥位で肋骨をさげるように圧力が加わっているのは、排便にも効果的なのです。

腹臥位のデメリット:姿勢をとる難易度が高い

メリットが多い腹臥位ですが、注意点があります。

それは、自分で側臥位まで取れる方でないと
この姿勢をとることは難しい、という点です。

あまり腹臥位を取ることがない、または腹臥位がとれない場合は半側臥位でもOKです。

ポイントは、「肋骨を下げて、息を吐きやすくする」ことですので
抱き枕をかかえて、半側臥位で深呼吸でも十分です。

 

もし座位が安定して保てる方であれば、座った状態で
クッションなどを抱いて深呼吸するだけでも
座位を保つ練習につながりますよ。

 

まとめ

離床を促すうえで、慣れないことが多くて不安になるかもしれませんが、今回ご紹介した豆知識が少しでもお役に立てば幸いです。

 

  • 日常生活動作から動作分析を行えるようになりたい…
  • 寝返りをもっと見れるようになりたい…
  • ADLにつながる介入プランを作れるようになりたい…

そんなお悩みを解決する講座です。

【 特 徴 】
Basic・Assessmentコースで学んだ内容をもとに
寝返りの動作分析を、参加者同士で実践しながら学べます。

【 内 容 】

  1. 安定した体重移動の要となる、体幹の機能と特徴

  2. 座位・立位で肩を屈曲するために必要な、腹部~肋骨・胸骨~肩甲骨の動きのつながり方

  3. 安定して動けるために欠かせない、股関節と骨盤帯のつながり

  4. 各部位で重要となる部位へのアプローチ方法
     ・体幹→脊柱、腹筋へのアプローチ
     ・肩→肋骨周囲へのアプローチ
     ・股関節→股関節前面へのアプローチ

わからない部分は、いつでも質問できるところも このコースの特徴です( ^ω^ )

Basic・Assessmentの内容を、実戦形式で復習することにもなりますので
実技の面でもレベルアップします。

次の一歩へ進むために、まずは自分の動きを噛み砕いて分析してみませんか?
療法士活性化委員会 認定講師 吉田 頌平

      【療活講習会一覧】

      ”信頼される療法士になるための土台を作る”>>>療活してる?

      このブログの感想をレターでいただけますか? 応援・批判どちらも受け付けています。>>>吉田頌平のレターポット

      この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

      今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック! ↓ ↓ ↓ ↓

      この記事が気に入ったら
      いいね ! しよう