膝関節・足関節の評価と促通

『Assessmentコース3日目〜膝・足関節復習〜』

みなさんこんにちは療法士活性化委員会の大塚です。

11月25日に
Assessmentコース3日目〜膝・足関節の評価と促通〜
が開催されました。
膝関節・足関節の評価と促通
AssessmentコースではBASICコースで触診とアプローチができる様になった部位を
どう評価し、ADLに繋げていくかを学んで行きます。

参加した方からは

  • 現在担当している変形性膝関節の患者様を股関節・足関節も合わせて評価・アプローチしていきます
  • BASICコースで学んだ触診・アプローチが整理されて評価に活かせるようになりました
  • 改めてBASICコースの触診が大事だということがわかりました
  • また新たなる知識が増えました。臨床にどんどん使って行きます。

といった嬉しい声をいただきました。
ありがとうございます。


それではさっそく内容の復習をして行きましょう。

講義中もありましたが、人は忘れる生き物です。
講義を受けて1日経つとなんと70%を忘れています。
そして3カ月まったく復習しないと間違って認識してしまいます。

まずは荷重関節である下肢で大切なOKCとCKCの違いから
シンプルに説明すると
〇〇と〇〇が逆になることでしたね

続いて膝関節の運動学
膝が動くのに大事な膝蓋骨の動きを学びました。
膝蓋骨を動かすには
膝蓋骨のモビライゼーション

  1. 膝蓋上嚢のリリース
  2. 膝蓋骨のモビライゼーション

でしたね。
膝蓋骨はどの方向から動かすか覚えていますか?

そして膝関節の動きで大事な
「SHM(screw horn movement)」
の評価です。
SHM(終末強制外旋運動)の評価と促通
SHMがうまく出ていない場合膝は完全伸展しません。
その原因筋として挙げられるのがBasicでも触診した
あの筋でしたね?

  1. あの筋のリリース
  2. SHMの促通

この流れでアプローチしてみましょう。

ここまでは非荷重でのアプローチ。
ここからADLに繋げる為に荷重位でのアプローチです。
荷重位で大事なのは膝は中間関節なので股関節、足関節の影響を受けるという事でした。

股関節では臼蓋の角度
足関節では足関節の背屈角度が重要でしたね?

アプローチは

  1. 骨盤の角度、足関節の動きを評価して
  2. 股関節・腰椎のモビライゼーション
  3. 近位脛腓関節・距腿関節のモビライゼーション、足底筋膜のリリース

でしたね?
併せてAssessment2日目体幹・骨盤の評価とアプローチも見直してみてください。
股関節の評価と促通
そして最後は意識下から無意識下へ促通していきます。
方法はAssessment講義でお馴染みのリーチ動作
リーチの際のポイントも講義で話していたので思い出してくださいね。

ここまでがAssessment3日目の内容でしたね。
最後はみなさん10分で下肢のアプローチを行えていました。
是非臨床でも活用して、患者様の笑顔を引き出してください。
しゃがみ込み動作・痛み 膝関節の屈曲ROM(関節可動域)の評価

あなたも
当たり前のことが当たり前にできるようになり
一緒に信頼される療法士になりませんか?

療法士活性化委員会
委員長 大塚 久
療法士活性化委員会では
療法士に土台と自信を提供し
一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、
笑顔になることを目的に講習会を行っています。

”人生をデザインする”
療法士活性化委員会

発行責任者
大塚 久
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡3−27−6大牧マンション301
TEL:080-5987-7441
mail:its-info■■lts-seminar.jp(■■を@に変換してください)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 『評価とアプローチどっちが大事?』

  2. 患者様の能力を引き出したいなら…”

  3. 『そろそろ復習しませんか?』

  4. 『キンコン西野が療法士を、いや日本を救う⁉︎』

  5. 『自分ができなくて悩んでいるあなたへ』

  6. 『筋の触診 ~小胸筋~』

  7. 『肩甲骨の触診』

  8. DVD初売りセール

    DVD初売りセール11,500円→8,900円‼︎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録