【アライメントの意味、知っていますか?】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その32~

こんにちは!

モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

さて、今回は
「アライメント」に視点を当てていきます。

まずは、添付した骨模型の写真を見て、
おかしいと感じるところはありませんか?

……

………

少しだけ考えながら、読んでみてくださいね( ^ω^ )

 

アライメントは、元々
「一直線に並べる、整列させる」という意味を持ち
工学や生物学で用いられることが多い単語です。

部品やパーツ、分子構造が整っている、または整えるときに
用いられるようです。

 

療法士のカルテでも、「アライメント」という言葉は
よく使用されていると思いますが

語源から考えると、アライメントは骨格の整列状態を表す言葉であり、
動きが安定していることと同じ意味ではないと、考えられます。

骨が綺麗に並んでいたら、しっかり動けるわけではないですよね?
もしそうなら、骨模型は吊るされなくても立って歩けるはずです。
脊柱のアライメントは綺麗でも、手が上がらない人だっていらっしゃいますよね。

つまり、身体の安定した動きを発生させるためには
骨がいかに綺麗に並んでいるか?だけではなく、
いかに骨格を筋や軟部組織が支えられるのか?
が重要になってきます。

そのために必要な動きのつながり、というものが
存在するわけなのですが…

具体的には、
・歩くときに、安定して一歩を踏み出すために必要な骨盤帯での体重移動
・座位・立位で肩を屈曲するために必要な、腹部~肋骨・胸骨~肩甲骨の動きのつながり方
などが挙げられます。

 

この辺りは、下記講座で詳しくお伝えして参ります。

「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」

 

このコースでは、主に肩関節・股関節と体幹部の動きに着目します。

序盤では、療法士自身の身体でエクササイズを通して動きを分析し、
中盤では、寝返り動作を通して分析する目を養います。
そして終盤では、自分でエクササイズを構築するための方法と
具体的なエクササイズ方法のアイデアをお伝えして参ります。

 

自分の身体を使って、
知識を知恵に変えてみませんか?

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

参考文献:
1 ) :Carla M. Pugh.Application of National Testing Standards to Simulation-Based Assessments of Clinical Palpation Skills.Military Medicine.178.10(1). 55–63.

【療活講習会一覧】

”信頼される療法士になるための土台を作る”>>>療活してる?

講師 吉田頌平 研修会情報(他団体)

英会話を通じて、
患者さんとのコミュニケーションを
見直してみませんか?

療法士のための英会話講座【YES!】
(本講座は、対面式オンラインセミナーです。)
*お申し込みの際は紹介者に「療法士活性化委員会」とご記入ください。

《 プログラム一覧 》

YES!プレセミナー
【 内 容 】
・英会話をマスターするための《3つのルール》
・勉強のための英語を、話すための英語に変える方法
・高速でリスニング↔︎翻訳できるマインド養成法
・考えたことを、英語でシンプルに伝える

【 開 催 日 時 】

《第6回目》
日時:2018年3月30日(金)20:00 ~ 21:00

【YES!プレセミナーへのお申し込みは、こちら】

参加費:各回 4,000円(税込)
主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

 


このブログの感想をレターでいただけますか?
応援・批判どちらも受け付けています。

>>>吉田頌平のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です