『今触れているのは筋繊維?筋膜?』

みなさま

こんにちは、

アドバンスコースの講師の加藤です。

 

先週は、骨に触れる理由を脊柱でお話ししましたね!

今週は筋について解説していきましょう!

 

いきなり質問です!

皆さん、まず筋肉の断面図を何も見ないで描けますか?

 

それではやってみましょう!

よーい、スタート!!

 

・・・・

 

 

さて、終わりましたか(笑)

 

筋繊維と筋膜は分けて描いてありますか?

 

筋を触れる時にとても重要なことですね!

筋肉が収縮する時に筋繊維は筋膜の中を滑走して収縮します!

でも、筋膜と筋繊維が硬直して滑走できない状態ではうまく収縮できません・・・

それは筋出力が低下している状態です!

この状態を改善するのが筋膜リリースですね!

 

つまり、筋を触れる時には、筋繊維と筋膜を分けて触れられることが大切です

みなさんは意識していますか?

それが触れられるとアプローチがまた変わりますよ!

その内容はアドバンスでお伝えしていますが、まずは触れられるようになりませんか?

 

触診って大切ですね!

一度、療法士活性化委員会を見に来ませんか?

 

療法士活性化委員会

認定講師

作業療法士 加藤 淳

 

療法士活性化委員会 セミナー情報

 

「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

触れてアプローチができるようになり患者様に信頼される療法士になりませんか?

第3期 平成29年7月1,2日 8月5,6日 9月2,3日 定員に達しました。

第4期 平成29年10月7,8日 11月4,5日 12月2,3日 残り12名

受講料:1日12,000円+テキスト代2,980円

 6日間で59,800円(テキスト代含む)

>>>「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」

 

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

ADLに繋げるためのリハビリにしませんか?

第2期 10月21日 10月22日 11月25日 11月26日 12月23,24日

受講料:1日17,000円+テキスト代5,980円

6日間で91,800円(テキスト代含む)

>>>「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」

 

「ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー」

ROMの制限が何によるものか明確にしていますか?制限に対して適切なアプローチを行なっていますか?このセミナーで股関節の可動域を中心に ROMexを効率的に行うための触診・評価・アプローチ法をお伝えします。

平成29年9月24日(日) 10:00〜16:00

>>>「ROMexを効率的に行うための触診・アプローチ法セミナー」

 

「立ち上がり動作を効率的に行うための触診セミナー」

臨床でよく制限される動作「立ち上がり」を効率的に行うための方法をお伝えします。

平成29年10月15日(日) 10:00〜16:00

受講料:8,900円(+税)

>>>「立ち上がり動作を効率的に行うための触診セミナー」

 

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

5分でスクリーニング検査ができ、30分でサマリーがかけるようになりませんか?

BRS・ROM・MMT・バレー兆候・協調性・高次脳検査・認知面を5分で評価するスクリーニングの方法、行程分析を用いた評価の抽出方法をお伝えします。

平成29年11月3日(金祝) 10:00〜16:00

受講料:14,980円(+税)

>>>「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」

 

「ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

ADL訓練のコツはまず触れることです。自信を持って触診・アプローチを行うことでADKL訓練が効率的にできるようになります。このセミナーではADLの場面で必要な「リーチ動作」をテーマに行います。

平成29年11月19日(日) 10:00〜16:00

受講料:8,900円(+税)

>>>「ADL訓練を効率的に行うための触診セミナー」

 

 

療法士活性化委員会では

療法士に土台と自信を提供し

一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、

笑顔になることを目的に講習会を行っています。

 

”人生をデザインする”

療法士活性化委員会

ホームページ:http://lts-seminar.jp/

Facebook:https://www.facebook.com/ryohoshikasseika/

Twitter:https://twitter.com/ryokatsu0518

line@:https://line.me/R/ti/p/@mci4790m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です