【なぜ動画を見るだけでは、動作分析が上達しないのか?】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その14~

こんにちは!

モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

動作分析のやり方も
セルフエクササイズのやり方も
インターネットで検索すれば
たくさん出てきます。

でも、いざ現場で活かしてみようとすると

「なんとなくしっくりこない…」
「別の部位がうまく動かないから、
このやり方を実践できない…」

と、思うことはありませんか?

これは、
患者さんの状態に適した
「セルフエクササイズの段階付け」
ができていないことが原因です。

この原因を解消するには、
「自分の身体を動かして、
運動学的に動作を分析すること」
が、効果的です。

一人でもできる対処法であり、
どことどこが連動すると
うまく動けるようになるのかが
明確にわかるようになるからです。

関節の運動は、
単関節運動と
複関節運動に分けられます。

複関節運動のうち、
いくつの関節の動きを入れるのか?

ここを押さえられると
動作分析とセルフエクササイズの指導が
格段にうまくなります。

患者さんへのセルフエクササイズ指導に
悩んでおられる方は、
ぜひこちらをご覧ください。

>>>「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

【関節モビライゼーション・筋膜リリース・セルフケア無料動画視聴】

動画視聴はこちらから>>>関節モビライゼーション・筋膜リリース・セルフケア無料動画

 

講師 吉田頌平 研修会情報(他団体)

英会話を通じて、
患者さんとのコミュニケーションを
見直してみませんか?

療法士のための英会話講座【YES!】プレセミナー
*お申し込みの際は紹介者に「療法士活性化委員会」とご記入ください。

《第1回目》→終了しました
日時:2017年10月25日(水)20:00 ~ 21:00
《第2回目》
日時:2017年11月22日(水)20:00 ~ 21:00
《第3回目》
日時:2017年12月20日(水)20:00 ~ 21:00

参加費:各回 4,000円(税込)
主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

療法士活性化委員会では
療法士に土台と自信を提供し
一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、
笑顔になることを目的に講習会を行っています。

”人生をデザインする”
療法士活性化委員会

発行責任者
大塚 久
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡3−27−6大牧マンション301
TEL:080-5987-7441
mail:its-info■■lts-seminar.jp(■■を@に変換してください)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です