意外と知られていない大腿骨頸部骨折のROMexを考えてみた!

意外と知られていない大腿骨頸部骨折のROMexを考えてみた!

こんにちは!
誰でもいつでもどこでも、過ごしやすいリハビリ環境を創りたいなと思っている
理学療法士の林です!

みなさん、
ROMexって一度はリハビリでしたこと、ありますよね?
でも具体的にROMexってどんなことをいうのか知っていますか?

意外とパッと思いつかないですよね。


でもROMexを知っていることで、リハビリをする時に役に立てるかもしれない。
先週、大塚が書いた「ROMex効率化3ポイント」でも効果的な方法が書いてありましたが、
そもそもどんな時に使うか「目的」がないことが怖いことなのです。

ROMexを知っていれば患者さん、利用者さん良くしてあげられたかもしれない
もっと笑顔にできたかもしれない
後輩にも教えてあげられたかもしれない

後で後悔しないように目的を踏まえて知識を入れておきましょう!


さて。今回は「意外と知られていないROMexの目的を考えてみた!」ということで
日々、臨床で行っているROMexの具体例を挙げて、イメージしてみようと思うので
大腿骨頸部骨折でのROMexを話していきたいと思います。

リハビリ現場でやっていることってそうだったのか!となる
少し見返してみるだけでも発見がある!というようにROMexって奥が深いんです。

それでは紹介していきましょう(‘ω’)ノ

まずは、大腿骨頸部骨折の骨性の問題!

これは骨折が原因のため、手術方法しかありません。
ただ療法士も手術方法は確認していきたいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう