【セルフエクササイズ はやらなきゃいけない??】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その42~

こんにちは!

モーションアナライシスコース講師の吉田頌平です。

さて、今回は
「習慣」に視点を当てていきます。

1年目の後輩PTさんに、一緒にリハビリをさせていただいている
80代女性の方とのリハビリに入っていただいた後

『あの人、セルフエクササイズ やってないらしいですよ!
だから、一発指導しておきました!』
と、私に報告してくださいました。

結論から言うと、
セルフエクササイズは「やらなくてもいい」んです。

なぜなら、エクササイズができるようになることが
リハビリの目標ではないからです。

もし、目標も共有して明確なはずなのに
必要なエクササイズに取り組めていないのであれば、

そのエクササイズは、その方にとって
「必要なものとは思えない」
「難易度が高すぎ/低すぎて、やる気が起きない」
ものなのかもしれません。

 

一般に、運動強度を図る尺度に
・脈拍
・主観的運動強度(RPE)
・METs
などが用いられます。

運動プログラムによる変化を客観的に知るための『脈拍』
運動プログラムによる変化を主観的に知るための『RPE』
運動プログラムそのものの負荷度合いを知るための『METs』

どの視点で変化を感じられるか?
があって、運動を続ける意義が見つかっていきます。

『脈拍』の変化であれば、
→身体が温かくなってきた
→新鮮な空気が身体に入ってくる感じがする

『RPE』の変化であれば、
→動きが軽くなった気がする
→できることが増えている気がする

『METs』であれば、
→できる運動の種類が増えた

などの変化が感じられることが
継続の一つの手段になるでしょう。

変化を感じられると楽しいですよね?
すると、自然と続けたくなるんです。

先に挙げた利用者さんが
セルフエクササイズを行わなくなった理由を
聴いてみると

「毎週、繁華街へ出かけられるようになり
自分の趣味に忙しくなったから」

だったそうで、

もともと家から歩いて出かけられなかった状態から
目標としていた『外出して趣味を楽しめるようになった』ので、
その方はエクササイズを行わなくなったそうです。

この場合では、『RPE』に変化が起こっていますね。
そして、当初の目標を達成できているから
この方は「やらない」ことを選択しただけなんです。

 

もし、患者さん/利用者さんが
自らすすんでリハビリ目標に向かっていくための
エクササイズ構築に悩んでおられましたら、
「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」
をチェックしてください。

このコース最大の特徴は、
「あなたが、あなた自身を分析すること」にあります。

・歩くときに、安定して一歩を踏み出すために必要な骨盤帯での体重移動
・座位・立位で肩を屈曲するために必要な、腹部~肋骨・胸骨~肩甲骨の動きのつながり方
・立ち上がる時に必要な、股関節と骨盤帯の連動の仕組み
などを、あなた自身の身体を動かしながら学び、

必要な動作分析の視点と、段階的な自主トレ(セルフエクササイズ )の構築方法、
評価内容を患者さんへお伝えする方法をお伝えいたします!

「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」


次の一歩へ進むために、まずは
自分の動きを噛み砕いて分析してみませんか?

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

【療活講習会一覧】

”信頼される療法士になるための土台を作る”>>>療活してる?

講師 吉田頌平 研修会情報(他団体)

英会話を通じて、
患者さんとのコミュニケーションを
見直してみませんか?

療法士のための英会話講座【YES!】
(本講座は、対面式オンラインセミナーです。)
*お申し込みの際は紹介者に「療法士活性化委員会」とご記入ください。

《 プログラム一覧 》

YES!プレセミナー
【 内 容 】
・英会話をマスターするための《3つのルール》
・勉強のための英語を、話すための英語に変える方法
・高速でリスニング↔︎翻訳できるマインド養成法
・考えたことを、英語でシンプルに伝える

【 開 催 日 時 】
《第8回目》
日時:2018年5月18日(金)20:00 ~ 21:00
《第9回目》
日時:2018年6月8日(金)20:00 ~ 21:00
《第10回目》
日時:2018年6月22日(金)20:00 ~ 21:00
《第11回目》
日時:2018年7月6日(金)20:00 ~ 21:00
《第12回目》
日時:2018年7月20日(金)20:00 ~ 21:00

【YES!プレセミナーへのお申し込みは、こちら】

参加費:各回 4,000円(税込)
主催:一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会

 


このブログの感想をレターでいただけますか?
応援・批判どちらも受け付けています。

>>>吉田頌平のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!

今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です