触診から紐解く腰部脊柱疾患に対する評価とアプローチ~体幹後屈で痛みが出る原因って~

触診から紐解く腰部脊柱疾患に対する評価とアプローチ~体幹後屈で痛みが出る原因って~

療活してる?

皆さん、こんにちは。
療活の林です。

前回は体幹前屈で痛みが出る原因について書きました。
まだ見てないですよ~って方は
>>>「触診から紐解く腰部脊柱疾患に対する評価~体幹前屈で痛みが出る原因って~」

脊柱疾患に対する概論についてはこちらの記事を参考にしてください。
>>>「脊柱疾患に対するリスク管理と評価・アプローチ方法は?」

今回は体幹後屈で痛みを訴える原因について皆さんと考えていきたいと思います。

日常生活で体幹後屈する場面って?

私の場合は、

「洗濯物を干す時に腰が痛いの」

「起きると腰が痛いんだよね」

「歩いてると足が痺れるんです」

 

病態が分からないと、、、

上記の訴えに対して

「旦那さんにやってもらってください」

「ゆっくり起きてください

「休み休み歩いてください」」

といった対応ばかりになってしまいます

間違いではないのですが、環境調整だけでは患者・利用者さんに申し訳ないと思いました。

では体幹後屈で痛みが出る疾患は?

・椎間関節症→椎間関節の負荷が増大

・脊椎分離症→椎弓への負荷が増大

・脊柱管狭窄症→脊柱管の狭小化に伴う神経や血管の圧迫

・椎間板症→椎間板後方の内圧上昇

・急性腰痛症→椎間関節の可動域制限

などがありました。
しかし、前回と同じように身体にどんな障害が起こっているか分からないとリハビリはできません。

体幹後屈の脊柱への影響は?

・椎間関節の負担増大

・椎間板の前方隆起

・脊柱管の狭小化

が生じることがわかりました。

体幹後屈時の腰痛に対して療法士がアプローチできるのは?

・関節(椎間関節)

・筋(腹直筋、腰方形筋)

・神経(上殿神経、下殿神経)

の3つではないかと考えました。

脊柱を支えているのは?

骨盤・股関節があります。
骨盤・股関節の可動性が低下していると、脊柱が動きにくくなりそうではないですか。

Donaldらによると、

「膝を伸ばした状態での体幹の伸展運動は、通常、股関節の伸展から始まり、続いて腰椎が伸展する」と述べています。1)より

そのため、骨盤・股関節の評価とアプローチも必要ではないかと私は考えます。

骨盤・股関節の評価と治療は?

Patrick test、Thomas testなどがあり、

Patrick testで問題があれば、仙腸関節へアプローチし、

Thomas testで問題があれば、腸腰筋や股関節へアプローチを行います。

アプローチにより腰痛が改善されれば原因部位は脊柱であったと考えます。

今回のコラムが皆さんの臨床の一助になればと思います。
次回は体幹回旋で痛みを訴える原因について皆さんと考えていきたいと思います。

1)筋骨格系のキネシオロジー,原著者:Donald A.Neumann,監訳者:嶋田智明 ,有馬慶美,医歯薬出版株式会社

一緒に脊柱の病態を勉強してみませんか?
>>>触診から紐解く腰部脊柱疾患に対する評価とアプローチ

このブログの感想をレターでもらえるととっても喜びます。
応援・批判どちらも受け付けています。
>>>大塚久のレターポット

この記事が「おもしろい!」「為になった!」と思ってくださった方は、ぜひ「シェア」や「いいね!」をお願いします!!
今すぐ「いいね!」ボタンを押して「療法士のためのお役立ち情報」をチェック!
↓ ↓ ↓ ↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう