『”動作分析”で何をみていいのかわからないあなたへ』

みなさんこんにちは療法士活性化委員会の大塚です。

皆さんは動作分析は得意ですか?
僕は苦手です。
いや、苦手でした。

今や笑い話となっていますが養成校時代の評価実習。

僕の歩行分析は
「歩けてます」
でした。

なぜ動作分析に苦手意識があるか
それはこんな指導をされたからなんです。

それは
「動作分析ではまず大まかに全体をみなさい」

大まかに全体をみた結果
「歩けてます」
が誕生しました。

実は大まかにみるにしてもまず最初にある1つのことを明確にしないといけません
それは↓

そもそも何のために動作分析をするのかを明確にすること
・普段行なっている動作が見たいのか?
・基本動作ができない原因の機能を特定したいのか?
目的によって見るポイントが変わります。

動作分析の苦手意識をなくすにはまず
「みる目的を明確にすること」
これを徹底してから動作を見てください。

あなたも
一緒に信頼される療法士になりませんか?

一緒に基本動作分析の見るポイントと介入の方法を学んで見ませんか?
基本動作分析からみる原因の特定とアプローチ法

療法士活性化委員会
委員長 大塚 久

療法士活性化委員会 セミナー情報

【認定カリキュラム】

「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」
第5期 平成30年1月6、7日 2月3,4日 、3月3,4日

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Assessmentコース」
第2期 10月21日 10月22日 11月25日 11月26日 12月23,24日

「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」
第1期  平成30年 1月27,28日 2月24,25日 3月24,25日

【1Day体験講習会】

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」
平成29年11月3日(金祝) 10:00〜16:00

「結果を出すための触診・アプローチ法 復習&体験会」
平成29年11月18日(土) 10:00〜13:00

基本動作分析からみる原因の特定とアプローチ法」
平成29年11月19日(日) 10:00〜16:00

「ROMexで結果を出すための触診・アプローチ法セミナー」
平成30年1月21日(日) 10:00〜16:00

療法士活性化委員会では
療法士に土台と自信を提供し
一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、
笑顔になることを目的に講習会を行っています。

”人生をデザインする”
療法士活性化委員会

発行責任者
大塚 久
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡3−27−6大牧マンション301
TEL:080-5987-7441
mail:its-info■■lts-seminar.jp(■■を@に変換してください)
LINE@に登録する

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 『あなたはこの問題に全問正解できますか?』

  2. 『この疾患にはこのアプローチ』

  3. 『患者さんが良くならないんです。』

  4. 第2回 復習会&体験会を開催します!

  5. 関節可動域が広い理由

    『赤ちゃんの身体が柔らかいのは何故?』

  6. 『ROMを測定する目的は?』

  7. ROMの改善に必要な3つのポイント

    『ROM(関節可動域)の改善に必要な3つのポイント』

  8. 『触診セミナー臨床編2Day’s in静岡特別編復習』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ニュースレターを購読する

無料メルマガ&line@登録特典
1.胸椎のモビライゼーション動画
2.反射検査動画
LINE@に登録>>>友だち追加

無料療活通信に登録