【しゃがめない方の股関節を見ていますか?】療法士に必要なセルフエクササイズの考え方~その8~

こんにちは!

モーションアナライシス講師の吉田頌平です。

さて、今回はしゃがむ動作の時の
股関節に着目してみましょう。

しゃがむ時には
膝関節の屈曲動作が行われるわけですが
動いているのは大腿骨と脛骨、膝蓋骨ですね。

この時、大腿骨遠位部は
外旋しながら前方へ滑り、転がる運動を見せます。

この時に、股関節で身体を支えられていないと
大腿四頭筋がガッチガチに固めて身体を支えようとするので

膝を前に突き出し、
大腿四頭筋を無理やり伸ばしながらしゃがむため
痛い思いをする…
ということにつながります。

 

さて、この大腿骨遠位の動きを
どうやって評価したらいいでしょうか?

評価するポイントは、

・脛骨は安定しているか?

この1点に絞ってみましょう。

それでは、本日のワークです。

1. 立位で手を前に組みます。

2.足裏をしっかりと地面につけます。

3.膝が足趾よりも前に出ないようにしゃがみます。

 

 

どうしても膝が前に出そうになっちゃう方は、
脛骨をロックしてもらってから
同様の動きを試して見てください。

「えっ、どうやってしゃがんだらいいの…?」
っと、ちょっとびっくりするかもしれませんよ^^

どうやってしゃがんだらいいのか…
それには、股関節の使い方が重要なのです!

このお話は、次回にいたしましょう。

ぜひ、ご自身の身体を分析してみてくださいね。

それでは、本日はこれにて失礼いたします。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

p.s.

より効果的なセルフエクササイズを考案するために まずは自分の身体の動きを確認してみませんか?

ご自身で感じた身体の動きを あなたの活きた言葉で、 患者様へお伝えできるようになりますよ。1

モーションアナライシスコース詳細はこちら
>>>「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」

 

療法士活性化委員会

認定講師 吉田 頌平

療法士活性化委員会 セミナー情報

【認定カリキュラム】

「6日で学ぶ評価・治療の為の触診セミナーBasicコース」
第4期 平成29年10月7,8日 11月4,5日 12月2,3日 残り4名

「生活に繋げるための評価・アプローチ・促通方法Advanceコース」
第2期 10月21日 10月22日 11月25日 11月26日 12月23,24日

「運動から実践するセルフケアと運動療法・動作分析 Motion Analysisコース」
第1期  平成30年 1月27,28日 2月24,25日 3月24,25日

【1Day体験講習会】

「評価の抽出とスクリーニング検査法セミナー」
平成29年11月3日(金祝) 10:00〜16:00

「結果を出すための触診・アプローチ法 復習&体験会」
平成29年11月18日(土) 10:00〜13:00

基本動作分析からみる原因の特定とアプローチ法」
平成29年11月19日(日) 10:00〜16:00

「ROMexで結果を出すための触診・アプローチ法セミナー」
平成30年1月21日(日) 10:00〜16:00

療法士活性化委員会では
療法士に土台と自信を提供し
一人ひとりの患者様・利用者様がその人にとってのより良い生活でき、
笑顔になることを目的に講習会を行っています。

”人生をデザインする”
療法士活性化委員会

発行責任者
大塚 久
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡3−27−6大牧マンション301
TEL:080-5987-7441
mail:its-info■■lts-seminar.jp(■■を@に変換してください)
LINE@に登録する

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です